都市・建築企画設計演習
Exercise in Urban and Architectural programming
担当者
Instructor
野澤 千絵(ノザワ チエ)/Nozawa Chie
時間割
Schedule
秋火3/Tue3,Fall
秋火4/Tue4,Fall
秋火5/Tue5,Fall
授業コード
Class Code
X6F0610101 単位数
Credit
3
授業科目区分
Subject category
科目ナンバリング
Numbering code
授業回数
Class frequency
15回
受講対象学科
Department for enrollment
【サブタイトル(Sub-Title)】

空き家を活かしたまちづくり計画の提案

【講義の目的・内容(Course Purpose and Content)】

建築設計をするに際し、単に個別敷地レベルの視点のみで計画するのではなく、まちの成立構造や仕組みに注目し、地区特性・課題等を調査・分析することにより、計画すべき地区の将来像を提案し、かつ事業採算性も考慮しながら、建築物として具体的に設計できる能力が必要不可欠である。こうした能力を身につけるために、本演習では、実際のまちを課題とし、日本で深刻な問題となっている空き家に着目し、空き家を活かしたまちの将来像を提案し、かつケーススタディ地区における空き家を活かした地区まちづくり計画を作成する。その上で、地区まちづくり計画の実現をめざした空き家のリノベーション計画・設計を提案する。なお、空き家リノベーション計画については、事業採算性の検討を行いながら、計画対象敷地における具体的な建築設計を行う。最終提出物は、空き家を活かしたまちの将来像と地区まちづくり計画書、対象敷地における空き家リノベーション計画(事業採算性の検討含む)、及びリノベーション設計図書・模型である。

【学修到達目標(Learning Objectives)】

(1)地区の現状や課題、住民ニーズなど、地区まちづくり計画立案に向けた地区特性の分析手法を身につける。
(2)都市開発や地区レベルのまちづくり計画、空き家リノベーション事業を企画立案・コーディネイトするために必要不可欠な基礎知識と技法を身につける。
(3)地域住民等、多様な人々に理解されるプレゼンテーション能力を身につける。

【講義スケジュール(Lecture Schedule)】

01.ガイダンス、課題・演習の進め方、空き家問題レクチャー
02.対象エリアの現地調査
03.まちの将来ビジョンの検討に向けたデータ収集・ディスカッション、エスキス
04.まちの将来ビジョンの提案に向けたディスカッション、エスキス
05.中間発表① まちの将来ビジョンの提案
06.対象エリアの空き家利活用計画の検討、エスキス1(事例研究・導入機能・空間イメージ)
04.対象エリアの空き家利活用計画の検討、エスキス2(法制度チェック・事業採算性)
05.対象エリアの空き家利活用計画の検討、エスキス3(導入機能・事業採算性の精査)
06.中間発表に向けたプレゼン資料・模型の作成、エスキス1(導入機能・空間イメージの精査)
07.中間発表に向けたプレゼン資料・模型の作成、エスキス2(導入機能・事業採算性の精査)
08.中間発表②エリアの空き家利活用計画の提案発表・講評等
09.空き家リノベーション設計1、エスキス(事例研究、図面トレース等)
10.空き家リノベーション設計2、エスキス(建築計画、法制度チェック)
11.空き家リノベーション設計3、エスキス(模型・図面・PPT作成)
12.学内最終発表会
13.学内最終発表会による指摘事項の修正作業・まちづくり提案展のプレゼンに向けた準備
14.最終提出:空き家を活かしたまちの将来像と地区まちづくり計画図書、及び空き家リノベーション計画(事業採算性の検討含む)、リノベーション設計図書・模型
15.講評会(まちづくり提案展)

以上は予定です。学生のみなさんの興味関心やディスカッション等によるフィードバックをもとに変更されます。

【指導方法(Instructional Method)】

1.本演習は、実際のまちを対象とし、産官学民連携によるPBL(Project Based learning)としてグループワークで進めていく。
2.毎回、進捗状況を発表しながら、空き家を活かしたまちの将来像と地区まちづくり計画、対象敷地における空き家リノベーション計画・設計について、品質を高めていけるよう、レクチャーとエスキスを行いながら進める。
3.空き家を活かしたまちづくり提案展として、講評会を開催する。
4.第12回、第15回には、外部講師招聘する予定としている。

【事前・事後学習(Supplementary Individual Study)】

事前学習は、事例研究を進めるとともに、演習時に具体的に提示した収集すべきデータ収集や分析を行うこと。
事後学習は、エスキス等で指摘された事項について、各グループでディスカッションを重ね、グループ内で情報共有を行いながら、次回までに必要なデータの収集・分析・作業等を進めること。

【成績評価の方法・基準(Grading Criteria and Method of Evaluation)】

・成績評価は、エスキス時のディスカッションやまちづくり提案・リノベーション計画・設計への参画状況や青果物のレベル、講評会でのプレゼンテーション・質疑応答への対応状況により総合的に評価をするが、評価の重みは、
エスキス時のディスカッションやまちづくり提案・リノベーション計画・設計への参画状況(40%)成果物(30%)、講評会でのプレゼンテーション・質疑応答への対応(30%)である。
・成績は本学の成績基準に準拠する。

【受講要件(Requirement of Attendance)】

特に定めない。

【テキスト(Textbooks)】

教科書は使用しない。

【参考書(Reference Books)】

適宜、各自の提案内容に即して、具体的実践プロジェクト事例資料を配布・掲示する。

【関連分野・関連科目(Related Fields and Subject)】

まちづくり計画、都市計画、アーバンデザイン、コミュニティデザイン

【備考(Note)】

4年次の卒業設計・卒業研究において、まちづくり系の研究室に所属を希望する学生は受講すること。

【添付ファイル1(File No.1)】
【添付ファイル2(File No.2)】
【添付ファイル3(File No.3)】
【リンク(URL Links)】